SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【1.4東京ドーム、NEVER無差別級は3WAYになる可能性あり|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181106233532p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

1.4東京ドーム・カード発表第2弾を受けて、ふと思いました。

 

 

EVILとSANADA、『WORLD TAG LEAGUE 2018』で優勝しないと、1.4東京ドームの出番・試合順ヤバくない?

 

一昨年の1.4東京ドームは、第3試合・NEVER無差別級6人タッグ選手権のガントレットマッチ。

今年は第4試合・KESとのIWGPヘビー級タッグ選手権で、見事タイトル奪取。徐々に試合順を上げてきた2人です。

 

 

来年の1.4東京ドーム、2人にどういうカードが組まれるのか楽しみな反面、不安もかなりあります。

すでに同胞の内藤哲也、BUSHI、鷹木信悟はカードが決定しているわけで。。。

 

EVILとSANADAの出番は、試合順を昨年と同程度にキープ、もしくは上げていくなら、それぞれがシングルマッチをする or IWGPヘビー級タッグ選手権しかないということになります。

 

にしても、IWGPタッグ選手権3WAYとかガントレットマッチとかは勘弁して欲しいです。。出番が少な過ぎます。

 

シングルマッチを期待するとしても、例年、1.4東京ドームでのシングルは4〜5試合です。

 

今年は既にシングル4試合が発表されています。なので、増えてもあと1試合でしょう。 

 

追加でNEVER無差別級シングルマッチが組まれるとして、何だかんだで後藤洋央紀飯伏幸太に決まりそうです。飯伏も試合が決まっていませんからね。

 

もし、タッグマッチで出場するなら、IWGPタッグ選手権しかなく、出場権を確実に得るためには、『WORLD TAG LEAGUE』で優勝する必要があります。

 

...結構、ハードル高いですよ。。優勝は1チームですから。

 

このハードルをクリアーしなければ、かなり前半の試合順になる可能性がありますね。。

 

 

 

もし、SANADAとEVIL、それぞれシングルマッチが組まれるとするなら、EVILには遺恨のあるザックという絶好の相手がいます。ファンが待ち望んでいるカードです。可能性は十分あります。

 

f:id:iwgpuroresu:20181011095312p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

 

EVILがザックとやるなら、SANADAは1人ポツン…11.3大阪大会と同じ状況です。これはかなり寂しい状況です...

 

EVILがシングルマッチをするなら、試合数を考えると、SANADAのシングルマッチはないでしょう。相手もいませんしね。。

 

 

 

...いや、待てよ。

 

NEVER無差別級タイトルマッチ・・・

 

後藤は「リベンジロード」ということで、今年のG1で負けている飯伏を指名しました。

 

飯伏はというと…G1でSANADAに負けています・・・

 

あれ、もしかして、NEVER無差別級、『WORLD TAG』の結果次第では

 

後藤洋央紀 vs 飯伏幸太 vs SANADA』 

 

3WAYマッチになる可能性あるんじゃないですか?

 

おそらく、後藤は『WORLD TAG』にエントリーするでしょう。そして、『WORLD TAG』の結果を待って、1.4のカードを決める。EVILがザックとのスペシャシングルマッチなら、SANADAはNEVER挑戦。

 

なくはないかもです。

 

今年のG1以降、新日本はかなりSANADAを冷遇していると感じています。順番待ちかも知れませんが...

 

SANADAの人気と実力、将来性を考えるなら、中間あたりの試合順を用意するはずです。いや、用意して欲しい。

 

用意してください、お願いですから(笑)

 

See you next time!