SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【内藤哲也の言うことに辟易してきました。|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181106123306p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)


ういいから。内藤節は・・・

 

 

...11.3大阪で難敵ザック・セイバーJr.に雪辱を果たした内藤哲也。本当に嬉しかったんでしょうね。彼の表情から安堵と喜びが伝わってきました。

 

試合終了後、コーナーポストからザックに感謝の意を示していたこと、バックステージで謝辞を述べていたこと、非常に好感が持てましたし、Gracias,amigo.」にはうるっときました。

 

ジェリコとの試合がはじまるEVILに期待していることも、大いに伝わってきましたし、本当に良いリーダーだなと思いました。

 

f:id:iwgpuroresu:20181106124551p:plain

 

EVILを沈めた後、なおも敗者EVILにウォールズオブジェリコを仕掛け、内藤を誘うジェリコに対して、すぐに反応した内藤。

 

そして、バックステージでもさすがの振る舞いでした。人の気持ちのわかるリーダー内藤、EVILの敵討ちではないことを前置きし、EVILに配慮をみせます。

 

f:id:iwgpuroresu:20181106125435p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

 

 

 

ここまでは良かった...

 

問題の11.5の記者会見、得意の内藤節

 

「なんか最近の新日本プロレスは、そのへんすっごく雑ですよね。」

 

 

 

...もういいから、飽きたよ、内藤節は。

 

内藤本人が明かしてましたね。「会社が新日本プロレスの全選手に、1.5記者会見のスケジュールを確保しておくように、あらかじめ伝えていた」と。

 

ということは、どの選手もプロレスファン大注目の「1.4東京ドーム・カード発表の記者会見」に出れるかも、もしくは出たいと思っていた可能性があるわけです。

 

そんな重要な記者会見で、あたかもファンの心を代弁したようなセリフ、会社批判を話す必要がありますか?

 

内藤から見ると、少し雑な会社かも知れない。

けれども、ジェリコ vs 内藤哲也のカードをお膳立てし、マッチメイクしたのはまぎれもなく、新日本プロレスです。

 

そして、新日本プロレス所属のレスラーを代表して、貴重な記者会見に臨んでいるのです。しかもトリで。

 

そんな記者会見の時ぐらい、まともなこと言えませんか?

 

ジェリコに雪辱を果たし、新日本プロレスの至宝を取り戻す」と。

 

辟易してるんですよ、内藤の言い回しには。

 

 

 

内藤哲也がインターコンチを取り返し、インターコンチの価値を上げていけば、どのレスラーも欲しいと思えるタイトルになるのではないですか?

 

そうすれば、IWGPになかなか挑戦できない、中堅どころのレスラー、例えば、SANADAやYOSHI・HASHIに活躍の場が広がると思いませんか?

モチベーションUPになると思いませんか?

 

おそらく、1.4東京ドーム・セミファイナルの舞台に立つ内藤哲也には、大義を持ってジェリコとの一戦に臨んで欲しいですね。

 

See you next time!