SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【『WORLD TAG LEAGUE 2018』出場選手予想②|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181105195603p:plain

(出典:新日本プロレス公式ツイッター


本日(11月5日)、1.4東京ドームのカード発表・第2弾がありましたね。

これについては思うところが多々ありますので、別記事で語りたいと思います・・・

 

 

さて、1.4東京ドームのカード発表1・2弾を受けての『WORLD TAG LEAGUE』出場選手予想②ですが...

 

その前に。「新日本公式ツイッター」のヘッダー画像が『WORLD TAG 』バーションに変わってますね。

 

真ん中が内藤哲也、内藤を挟んで棚橋、オカダ。まさに内藤哲也時代を象徴しています。認めたくはないですが、かなり、格好いいと思います。

 

ただですね、昨年の優勝チームのEVILとSANADAが、左上の隅っこというのは面白くないですよ。

 

現状の活躍を考えると、致し方ないとは思いますが、タイチより目立たない位置というのは悲しい限りです。いや、タイチは好きですけどね。。

 

近い将来、SANADAがこういった画像の中央になるのが待ち遠しいです、本当に。

 

 

 

では、話を戻しまして、これまで発表された1.4のカードを見る限り、昨年同様、1.4のカードが決定している選手は『WORLD TAG LEAGUE』にエントリーしないと思います。

 

ですので、ヘッダー画像の真ん中の3人、おそらく出させてもらえないでしょう。

内藤がまた、いちゃもんつけるとは思いますがね・・・

 

理由としては、

  • ケニー・オメガが100%出場しない
  • 棚橋弘至のコンディションに不安を作りたくない
  • 第3世代に活躍の場を設けたい(リング外での貢献度が高いため)
  • 第3世代が出場するにあたって、タッグチームの力量の平準化をしたい。例えば、バリバリのオカダ・カズチカのチームと第3世代があたるのは、いささか無理がある

 

等あると思います。なので、以上を踏まえて、追加予想してみます。

 

永田選手と中西選手

まず、新日本公式ツイッターより。

永田選手と中西選手、出場しそうですね。

 

 

最近、リング上では第3世代の活躍の場が減っています。ここぞとばかりに活躍して欲しいです。永田選手と天山選手はヤングライオン時代からずっと見てますから、個人的に思い入れがあります。

 

永田選手のバックドロップホールドで決まる瞬間を見たいですね!その瞬間涙が溢れそうです、、

 

永田選手は、まだまだ若いもんに負けないと思いますよ!

 

マイケル・エルガンとジェフ・コブ

タッグチーム名忘れました...

単純にエルガンがヘッダー画像に出てるので(笑)こういう器用なパワータイプは日本人レスラーにいないので、彼は貴重な存在だと思います。多分、ジェフ・コブと組むでしょうね。

 

タイチ

NEVER無差別級選手権試合で後藤に負けたので確定でしょう。初のヘビー級のTAG LEAGUE参戦です。今年の目玉はタイチかも知れません。

 

以上、カンタンですが、予想第2弾でした。

 

See you next time!