SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【会社の「飯伏幸太プッシュ」が見え見えで悔しい。|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181104154436p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

11.3大阪大会でタイチからNEVERを奪取した後藤洋央紀、初防衛戦は飯伏幸太を指名ですか・・・

 

唐突過ぎて無理がありますよね。。

 

 

今年のG1クライマックスの借りを返したいから?

NEVER戦線を盛り上げたいから?

 

 

飯伏幸太、素直ですね(笑)

 

どうせ後藤は会社に言われたんでしょ、飯伏指名しろって。

 

会社は、1.4東京ドームで後藤と飯伏のNEVERやらせたいんでしょ。

その後、飯伏とオスプレイやらせたいんでしょ。

 

仮にオスプレイが欠場せず、タイチとオスプレイがNEVERやって、オスプレイが勝ってたら、次は飯伏だったでしょ。

 

どっちに転んでも次は飯伏だったんじゃないですか?

 

見え見えなんですよ。会社の飯伏幸太プッシュが。

 

 

 

正直、飯伏がこれだけプッシュされて、飯伏同様、新日本生え抜きではないけれども、今年のG1で記憶に残る名勝負を連発したSANADAの冷遇は、いささか不満ですね。

 

確かに、子供のように無邪気で何考えてんだか分かんない飯伏、面白いですよ。

 

レスラーとしても申し分ないです。間違いなく天才だと思います。

ファンじゃないですけど、新技も楽しみです(笑)

 

 

彼のことを、プライベートで親交があるミッツマン・グローブがこう評してました。

 

――飯伏選手の技を受ける姿は、見ていていかがですか?

ミッツ やっぱり天才的だと思いますね。あの人、倒れる時にカメラの位置が本能的にわかっていると思うんですよ。カメラを探しているわけじゃなくてね。本能的に、見せ方をわかっている人だと思います。コスチュームも基本白でしょう。白は、お尻のラインがすごくきれいに出る。飯伏だけじゃなくて、レスラーは裸で商売をやっているんだから、自分の体形をより魅力的に見せてくれるものを選べないとだめですよね。それができていない人は、プロレスラーとして単純に魅力がない。見ていて、もうちょっとここをこうしたら体のラインがきれいに見えるのに、とか、ちょっとわき毛を梳いたらいいのになあ、とか思うことがあるんですよ。飯伏はプロレスが本当に好きだから、そういうことがわかってしまうのだと思います。

 

――緻密な計算の上にやっている、ということでもなく。

ミッツ 多分性格上できないと思うし、あえてそういうことはしないようにしているのかもしれない。心の奥底はわからないです。ただ本能だけじゃ、プロレスはできない。本能的な素養があるうえで、どうやって計算をするか、ですよね。飯伏って、天才過ぎて、大衆性があるようでない。棚橋(弘至)くんとか、オカダ(・カズチカ)さんはショウビズに徹することもできるけれど、飯伏にはできませんから。

(引用記事:ダ・ヴィンチニュース)

  

「飯伏幸太は本能的に自分の見せ方をわかっている人だと思います」ミッツ・マングローブ 【プロレス特集番外編】 | ダ・ヴィンチニュース

 

コアなプロレスファンじゃなくても、飯伏が「天才・特別」なのはわかります。

 

そういう意味で飯伏という素材、飯伏が奏でるプロレスは、これから新日本プロレスが新しいファンを獲得するために、必要な人材であることも納得してます。

 

でも、SANADAも負けてないでしょ。

 

そして、絶対に負けないで欲しい。

 

11.3大阪、ロス・インゴで唯一試合のなかったSANADAの心中は穏やかでないはずです。そうであって欲しいです。

 

これから、1.4東京ドームまでの巻き返し期待してます!

 

ガンバレ!SANADA!

 

See you next time!