SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【『WORLD TAG LEAGUE 2018』出場選手予想①|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181103132553p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

11.18東京・後楽園ホールで開幕する『WORLD TAG LEAGUE 2018』。

 

新日本プロレス公式のSNSや選手コメントで、少しずつエントリーする選手がわかってきました。

 

本日(11月3日)の大阪大会の結果に大きく左右されると思いますが、少しずつ予想していきたいと思います。

 

参加人数ですが、『WORLD TAG LEAGUE』に名称を改めた2012年からの実績からすると、28選手14組、もしくは32選手16組になると思います。

 

では、あくまで予想です。

 

GBH

本間選手が出場しそうです...大会をPRする本人が『WORLD TAG』に出ないとは考えにくいですからね。

 

 

リング上の動きを見る限り、厳しい戦いになるとは思いますが。。

 

相手選手が気を遣って大変そうです...

 

真壁刀義本間朋晃が出なくても出るんでしょうけど、本間が出るなら『GBH』で確定ですね。

 

テンコジ

本間選手と同じく、天山選手もPR活動するようです。

ということは、やっぱり『テンコジ』で出るんでしょうね...大丈夫でしょうか(笑)

 

同じ第三世代でも永田選手はイケると思うんですけどね。

 

 

 

高橋裕二郎

高橋裕二郎は確定です。

11月2日時点では、「3年連続ハングマン・ペイジと組むのか、誰と組んでもいいタッグになるチェーズ・オーエンズと組むのか考え中、発表までお楽しみ」とのこと。

 

f:id:iwgpuroresu:20181103134945p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

余談ですけど、最近、裕二郎好きなんですよ。

11.2 静岡大会のバックステージコメントでも、なんとなく彼の人の良さがにじみ出ているというかね。

 

長く外国人レスラーばかりのユニットに所属していて、外国人に愛されているのは、やっぱり彼の人柄と英語力なんだと思います。

 

試合はいつもイマイチですけどね(笑)ヤングライオンに負けないか、いつもヒヤヒヤしてます。

 

長く、若手レスラーの壁として立ち塞がって欲しいですね!

 

 SANADA

f:id:iwgpuroresu:20181103143603p:plain

(出典:SANADA公式インスタグラム)


新日本のリングに登場してからシングルはノンタイトルですが、実はタッグでは輝かしい実績があるSANADAです。

 

何しろ前年覇者です。100%出るでしょう。

 

パートナーはまだわかりません。EVILがクリス・ジェリコに勝ったら、内藤哲也になる可能性もあります。誰と組むのか楽しみです。

 

ゲリラズ・オブ・ディスティー 

f:id:iwgpuroresu:20181103144246p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

IWGPヘビー級タッグチャンピオンのタマ・トンガタンガ・ロアは確定でしょうね。

タッグ屋として完成されている彼ら2人は、ベルトを保持していなくても出て欲しいチームです。

 

 

本日(11月3日)の試合結果を待って、引き続き予想していきますね。 

 

See you next time!