SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【『WORLD TAG LEAGUE 2018』の出場チームを予想する前に、振り返りです|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181029111319p:plain

(出典:SANADA公式インスタグラム)


回の記事の続きです。『WORLD TAG LEAGUE 2018』を3倍楽しむために、出場チームを期待を込めて予想していきます。今回は2016年、2017年の振り返りです。

 

www.iwgpuroresu.com

 

昨年は、1.4東京ドームのカードが決まっている選手はエントリーしませんでした。

なので、ケニー・オメガオカダ・カズチカ内藤哲也棚橋弘至は不出場でしたね。

 

シングル・チャンピオン不在のリーグ戦ということで物議を醸しました。

 

【新日本】「ワールドタッグリーグ」まさかの落選 内藤不満タラタラ“毒”演会

 

出場チームは全16チーム・32選手。

優勝は「ノープロブレム、ノーサプライズ」でEVIL&SANADA組でした。

EVILしつこかったですね(笑)

 

f:id:iwgpuroresu:20181029113807p:plain

(出典:新日本プロレス公式)

 

その後、1.4東京ドームでK.E.S.(ランス・アーチャーデイビーボーイ・スミスJr.)からIWGPヘビー級タッグのベルトを奪取していますから、優勝チームはビッグチャンスを掴む可能性が高いということになります。

 

 

 

 

 

一昨年はどうたったのでしょう。

 

f:id:iwgpuroresu:20181029123930p:plain

 

出場チームは同じく、全16チーム・32選手でした。

 

内藤哲也が話題作りしてくれた年です。パートナー ' X ' としてルーシュが登場しました。

外国人レスラーがやたら多いですね...

 

ファレ&初代ボーンソルジャー、無理があります(笑)

中西・ヘナーレ、全敗。やる気あるんでしょうか・・・

 

真壁・本間の「雑草コンビ」GBHが2連覇しました。

 

f:id:iwgpuroresu:20181029133223p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)


タマ・トンガタンガ・ロアは2016年も決勝戦進出していたのですね。さすがです。

 

以上、2016年、2017年振り返りでした。次回こそ2018年出場チーム予想です。

 

See you next time !