SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADAのフィニッシュ・ホールド見つけました|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181028113905p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

10.26後楽園ホール大会・メインイベントのフィニッシュは、多芸な田口監督が見せた奥の手、「後楽園スープレックス」でした。

 

「ぶっこ抜く」宣言をしてから、相手の腕を「コ」の字にして放つ、変形ハーフネルソンスープレックス

 

f:id:iwgpuroresu:20181028113530p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

f:id:iwgpuroresu:20181028113625p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

変形ハーフネルソンに固める際に少々まごついたものの、フィニッシュ・ホールドとして説得力十分でした。

 

普段はお笑いプロレスを展開している田口監督ですが、大舞台とか、後輩相手の試合でたまに本気になりますよね。

やっぱり先輩としての意地があるんでしょうね。そのギャップが、田口監督が人気のある理由の一つだと思います。

 

今回、田口監督は『奥の手中の奥の手』を繰り出したわけですが、たまにしか出さない必殺技って盛り上がりますよね。

選手の本気が垣間見れます。相手を認めている証拠とも受け取れますし。

 

鈴木みのるの「逆落とし」も最近見ることが少なくなりましたが、今年のG1クライマックスでEVILに決めた時は、鈴木みのる本気だなと思いましたね。

 

f:id:iwgpuroresu:20180730211640p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

 

 

 

...さて、「後楽園スープレックス」ですが、似たような技があります。解説者が、田口監督が技を仕掛けた時に「テキーラ・サンライズ」と言っていましたが、よく似てます。

 

テキーラ・サンライズ」を知っている解説者もすごいと思いましたが。。

 

女子プロレス尾崎魔弓の必殺技ですね。

4分10秒あたりで尾崎魔弓豊田真奈美に仕掛けます。

www.youtube.com

 

見事です。

 

この「テキーラ・サンライズ」、SANADAのフィニッシュ・ホールドとしてどうでしょうか?

 

実は今、スープレック系をフィニッシュとして使っている新日本の選手って、意外と少ないと思いませんか。いわゆるジャーマン系です。

 

ジュニア選手なら、タイガーマスクぐらいではないでしょうか?

 

ヘビー級だと棚橋弘至がダルマ式ジャーマンを使ってますが、膝が悪いので使用頻度は減っていくでしょうね。飯伏幸太のクロスアーム式はあくまで「カミゴエ」への布石です。

 

SANADAは日本一美しいタイガー・スープレックの使い手だと思いますが、3カウントは取れていない状況です。

そんな中、奥の手で「テキーラ・サンライズ」を使うとかなりのインパクトがあると思います。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628130544p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

 

SANADAなら問題なく、美しい「テキーラ・サンライズ」を魅せてくれるでしょうね。

 

あえて、田口監督の「後楽園スープレックス」をパクって、田口監督と絡むのもありです(笑)パクリの天才ですから。

 

See you next time!