SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【後藤洋央紀はCHAOSを裏切らない|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181023125757j:plain

(出典:新日本プロレス公式)

外道「いつあいつを終わらせる?」

ジェイ「いつでもいいさ」

ジェイ「俺は特別な爆弾を用意している、CHAOSは内部から崩壊する」

(引用:新日本プロレスワールド) 

 

道とジェイ・ホワイトのやりとりから端を発した、「CHAOS内部に裏切り者がいる」という告発ですが・・・

 

結論からいうと、後藤洋央紀は裏切らないと思います。

 

以下、その理由です。


理由1. NEVER無差別級ベルトに対する強い思い

 

f:id:iwgpuroresu:20181023151249p:plain

 


後藤洋央紀は、NEVER無差別級王座・通算防衛回数7回の記録を持っています。また、通算の保持期間は約1年。

その中には、鈴木みのる柴田勝頼との激闘も含まれており、NEVERのベルトに対して他のレスラーにはない強い思いがあることでしょう。

 

例えば、これらのつぶやきを見ると彼のNEVERのベルトに対する思いの丈が推測できます。

 

●10.23 新日本プロレス公式

 

●9.24 公式スマホサイト「 洋央日紀(ひろおにっき)〜武士の一文〜」

NEVERには沢山新鮮な光景を見させてもらいました。

...NEVERのベルト、気がつけば『価値なきベルト』『いらないベルト』等の意見が付きまとう。俺からしたらナンセンス。

あれだけ罵倒されたNEVER。俺にとっては最高のベルトでした。ありがとうNEVER。そして俺は更なる高みを目指す。

 

●9.16 ツイッターのつぶやき

 

などなど。

 

ただ、普通に考えると「NEVER無差別級ベルトに対する強い思い」と「CHAOSを裏切らない」は関係なさそうですよね?

 

果たしてそうでしょうか・・・

 

 

 

 次のNEVER無差別級選手権試合は『タイチ vs  ウィル・オスプレイ』です。

 

逆説的ですが、オスプレイが裏切るならば、後藤洋央紀にとっておいしい状況になると思いませんか?

(なぜ、オスプレイが裏切るのかについては以下の記事を参照ください。)

 

www.iwgpuroresu.com

 

仮にオスプレイがCHAOSを裏切り、タイチからNEVER無差別級ベルトを奪取したとしたら、こんな魅力的なカードが生まれる可能性があります。

 

後藤洋央紀  vs  '裏切り者' ウィル・オスプレイ

 

f:id:iwgpuroresu:20181023151800p:plain

(出典:ウィル・オスプレイ公式ツイッター


ワクワクしませんか?

 

もちろん、後藤洋央紀のあとには石井智宏オカダ・カズチカも控えています。

 

「NEVER戦線が活気付く、後藤洋央紀が奮起する、オスプレイがさらに注目を浴びる」

 

まさに三方よしですよね。

はい、後藤洋央紀はCHAOSにいた方が良いです。

 

 

 

理由2.YOSHI・HASHIの存在

 

後藤にとってヨシハシは可愛い後輩。 

後藤はヨシハシの復帰をCHAOSで待つでしょうね。その理由がコレです。

 

●10.9 新日本プロレス公式スマホサイト「 洋央日紀(ひろおにっき)〜武士の一文〜」

日記ならではの海外での試合以外のおもしろ話、したいんだけどなんにもないんだよな。だって何にもしてないからね。出掛けたと言えばロス道場に行ったくらいだし、(中略)飲み友達がいないから暇で暇で・・・早く帰ってこいヨシハシ!

 

ヨシハシのためにCHAOSを抜けない、シンプルですが一番説得力があります。

 

 

以上の理由から、後藤洋央紀はCHAOSから抜けることは当面ないでしょうね。

 

ちなみに、ビックマッチ連発の11.3大阪ですが、すでに発表されているカードを見る限り、後藤洋央紀は矢野、チャッキーT、ロッキー・ロメロ vs BCOGとの8人タッグマッチに落ち着きそうです。

 

See you next time!