SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【棚橋弘至は vs ケニー・オメガに対して、世論を追い風にしようとしている|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181019140955p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

 

10.16後楽園ホール大会から棚橋弘至の禅問答が始まりましたね・・・

 

 

 

一夜明けて、10.17後楽園ホール大会・棚橋のバックステージコメント要約

 

品があるのか、品がないのか?

プロレスに品というものが存在するなら、それはプロレスの試合に対して、どういう絵を描きたいかという美意識。

(引用:新日本プロレスワールド)

 

この一連の禅問答、一見するとケニー・オメガに対する問いかけですよね・・・

 

 

果たして、そうでしょうか?

 


 

著者は全てのプロレスファンに投げかけている棚橋の問いかけだと思っています。

 

それはなぜか?

 

棚橋の中にプロレスに対する確固たるイデオロギー(信念・思想)があるとするなら、今、棚橋がやろうとしていることは、「仲間集め」ではないかと思うのです。

 

 

ユニットの垣根なく、同じ思想をもつ仲間を集めること

 

 

が目的だとするなら、今年のG1クライマックス中から始まった、一連の棚橋弘至の動向全てに納得がいきます。

 

当初、 著者は棚橋と新日本プロレスのちょっとした悪だくみだと思っていましたが...

 

www.iwgpuroresu.com

 

どうやら、そうではないようです。。

 

「ユニットの垣根なく、同じ思想をもつ仲間を集めること」が目的だとするなら、 ハングマンペイジを勧誘する理由もうなづけますよね・・・

 

そして、賢い棚橋の最終目的は、「世論を味方につけること」ではないでしょうか?

 

まずは、身近なレスラーを味方につける。そして、プロレスファンを味方につける。最終的に世論を味方につけ、1.4ケニー・オメガ戦での追い風とする。

 

ケニー・オメガが世論を味方につけた棚橋弘至に勝つことはカンタンではないはず。

 

例えは悪いですが、元貴乃花親方は絶大な人気・カリスマ性はありながらも、周囲を味方で固める、根回しするなどの政治力を背景に世論を味方にするということが得意ではなかったように見えました。

 

つまり、棚橋弘至は元貴乃花親方を反面教師としている、ということです。

 

 

棚橋弘至、賢い男ですよね。。

 

to be continued...

 

See you next time!