SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【3WAYマッチの問題点...棚橋弘至がケニー・オメガに伝えたいこと|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181012124213p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

議を醸した10.8両国国技館IWGPヘビー級選手権試合3WAYマッチ。

www.tokyo-sports.co.jp

ケニー・オメガ

「この試合ができたのは、ファンの皆さんのおかげ、団体のおかげ。

他の団体では俺たちのようにできない。」

(引用記事:東スポweb)

 

インディー団体出身のケニー・オメガが、新日本プロレスのリングだからこそ実現

したかった、史上初の「同門選手による」IWGPヘビー級選手権試合3WAYマッチ。

 

人気、実力、そして影響力のある3人のスター・レスラーによる3WAYマッチ、

確かに新日本プロレスという舞台がなければ、実現しなかったかも知れない。

 

しかも試合巧者であり、レスリングタイプの違う3人。

この3人なら、挑戦してみる価値はあると踏んだんだろう、ケニーも会社も。

 

発想はいいよ。

新しいことに挑戦するチャレンジ精神もOK。

 

 

....でもね、そもそも論で、一つファンの声を聞きたい。

 

ケニー・オメガ、Cody、飯伏幸太、それぞれ応援しているファンがいますよと。

Codyファン、飯伏幸太ファンにとって、彼らがWGPヘビー級シングルのベルトに挑戦

するってことは嬉しいことだと思うんだよね。


だけど、3WAYマッチに決まった瞬間、ファンはどう思ったかってこと。

 

 

著者の立場なら、もしSANADAのIWGPヘビー級選手権試合が3WAYマッチに決まっ

たら、がっかりするだろうね。間違いなく。

 

 

...そして、改めて今回の3WAYマッチを観戦して感じたこと。

 

自分が応援している選手に対して、集中力が途切れるんだよね。

 

つまり、

 

せっかく試合展開に一喜一憂しているのに、邪魔が入るってこと。

 

「今だ飛べ〜!」とか「まだSkull Endは早いから!」とか「返せ〜!」とか、

どんどん盛り上がってるのに冷めちゃう感じ(笑)

 

 

3WAYマッチの時点で、すでにがっかり感がある上に、さらに試合で感情移入しずら

い状況になる。

 

はっきり言って、つまんないよ。

 

 

 

プロレスの醍醐味って、いつも内藤哲也が言っている試合(シリーズ)と試合の間の

『妄想』、『ストーリー(盛り上げ)』、『ドラマ』。もちろん、鍛えあげられた肉

体と肉体のぶつかり合い。

 

そして、一番大切なものはその過程や試合で生まれる感情移入なんじゃない

かな。。

 

棚橋弘至タイガーマスクが伝えたいことってそういうことだと思う。

 

www.iwgpuroresu.com

 

ケニー・オメガもそれ、わかってると思う。『ゴールデン・ラヴァーズ』なんだし。

 

だからこそ、「なんで机使うんだ」「なんで3WAY?」っていう論議になるわけ。

 

『1.4東京ドーム ケニー・オメガ vs 棚橋弘至

 

来年は、さらに成長したケニー・オメガに期待できそう!

 

See you next time!