SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【内藤哲也が鷹木信悟を通してSANADAに伝えたいこと|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181011185441p:plain

(出典:新日本プロレス公式ツイッター

10.8両国国技館で初登場となったロス・インゴの新パレハ・鷹木信悟

初戦で強烈な印象を残したのは周知の事実です。

 

news.nifty.com

 

いくら内藤哲也と旧知の仲といえど、会社は新日本プロレスにとってメリットがなけ

れば、鷹木を新日本のリングに上げることはなかったと思いませんか?

 

その鷹木、時期シリーズのSUPER Jr. TAG LEAGUE 2018 にBUSHIとのタ

ッグでエントリーしています。

 

 

鷹木には『出陣』という言葉がよく似合いますね。

 

みなさんは、新日本プロレスリング・公式LINEの 〜みんなで『SUPER Jr. TAG

LEAGUE 2018』大予想!〜には投票されましたか?

 

1位を予想するこの企画、著者が投票した時点の結果は

 

f:id:iwgpuroresu:20181011192218j:plain

(出典:新日本プロレスLINE公式)

圧倒的にロス・インゴwww

非力なBUSHIにパワーファイターの鷹木信悟。連携は未知数だけど、バランスは良いかもね。鷹木、デカイし(笑)。 内藤と並んでも変わらないもの。

 

まあ、どの世界も新参者は最初は勢いあるから、期待値もあるだろうしね。

 

f:id:iwgpuroresu:20181011192951p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

2位はSHO&YOH。

人気順かな。

 

今までのところは、会社の思惑通りではあるね。

 

BOSJで登場した石森太二も落ち着き、タイチが抜け、オスプレイがヘビーに転向?

 

そんな状況の中でのSUPER Jr. TAG LEAGUE。去年はSHO&YOHの登場が鮮烈だったわけです。

 

会社も抜け目ないですよね。ホントに。絶妙なタイミングでの鷹木の投入。

 

要はJr.を盛りあげてくれよと。

 

それが、新日本プロレス全体に及ぼす最初のインパクトってやつだね。

 

ただね、この鷹木。それだけで終わらないよ、きっと。

 

おそらく大物食うね。

 

 

内藤哲也と同学年ならば、今年36歳?

プロレスラーとしてのピークがあと5年だとするなら、彼は相当の覚悟を持って、

新日本に登場してるはずです。

 

なぜなら、彼の発言・表情には『覚悟』が見えるから。

 

 

...内藤は新日本の「次期エース」として期待されながら、もがき苦しみ、結局それを捨

てた。そして、覚悟を持ってロス・インゴを日本に持ち込み、今の地位を確立した。

 

内藤が鷹木を通じてSANADAに伝えたいこと。

 

それは、自分自身が捨てたもの。

 

 

『新日本のエースになる覚悟』

 

 

ではないかな。

 

See you next time!