SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【内藤哲也「ヘビー級シングルベルトは『IWGP黒』以外廃止だ」|新日本プロレス】

藤哲也の言うことは常に正論。

 

著者も『基本的には』賛成だ。

 

 

だが、内藤の言う正論はプロレスという『ショービジネス』的にはどうか?

 

 

現在、新日本プロレスに存在しているヘビー級のベルト、4本の価値・存在理由を

改めて考えてみたい。

 

現在、アジア競技大会が開催されているが、

 

金メダル → IWGP

銀メダル → IWGP白 

銅メダル → NEVER 

 

USヘビー級は北米大陸のベルト、そもそもエリア外と考えると、

 

ヘビー級のベルトが3本あったって、別にいいじゃないか(笑)

 

 

なぜ廃止論が出るかというと、NEVERを獲れたら次はIWGP白、IWGP白が獲れたら

次はIWGP黒に挑戦できる、というエスカレーター式ではないこと。

 

ただ、ドーム大会の試合順を見ればわかるように、新日本プロレスは各ベルトの

格付はしている。そう、

 

金メダル → IWGP

銀メダル → IWGP白 

銅メダル → NEVER 

 

これは間違いない。

 

内藤哲也が問題提起している、鈴木みのるとのスペシャル・シングルマッチ

メインイベントで、NEVERのタイトルマッチよりも試合順が上ということだが、

これは、

 

内藤哲也 → IWGP黒を巻いたことのある選手

鈴木みのる → IWGP白を巻いたことのある選手

 

それに対して、

 

後藤洋央紀 → IWGP白を巻いたことのある選手

タイチ → 実績なし

 

だから、という風に解釈すれば何の問題もない。

 

会社は世界進出をしていく上で、必ず4本のベルトが必要だと考えているのだろう。

 

おそらく、いまにファンはこの状態に慣れる(笑)

 

もう少し気長にこの状態を眺めてみるとする。

 

しかし、SANADAをいきなりIWGP黒に挑戦させたあたり、やっぱり期待してるん

 

だろなと改めて思った次第だ。

 

オカダ・カズチカがチャンピオンに返り咲いたら、必ず獲れよ、SANADA

 

f:id:iwgpuroresu:20180710223559p:plain

 

著者はこれが見たかったんだから。