SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【棚橋弘至、そろそろSANADAを勧誘してよ|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20181017072836p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

ユニット結成が噂されている棚橋弘至だが、その本質は新日本・本隊の新リーダー育成にあるのではないでしょうか?

 

G1クライマックス28で優勝した棚橋弘至ですが、動けていないことは誰の目にも明らかだし、ピークを過ぎていることは認めたくはないが本人も自覚しているはず・・・

 

そんな、棚橋弘至が会社から求めれていること、それは後継者の育成ではないかな?

 

そして、

 

棚橋が求めているのは「光属性の選手」

 

新ユニットのメンバー候補に上がっているのは、YOSHI・HASHI、ハングマン・ペイジ

 

 

一方、現時点の他ユニットのリーダーは

 

オカダ・カズチカ【CHAOS】

内藤哲也【L・I・J】

鈴木みのる【鈴木軍】

ケニー・オメガ【バレット・クラブ】

 

どう考えても、YOSHI・HASHI、ハングマン・ペイジでは荷が重い。ペイジはハンサムだし、良い選手だとは思うが、本隊のエースは日本人であるべきだと棚橋は思っているはずだ。

 

そんな中、本隊のエースとして光を放つ可能性のある選手は

 

SANADA or 飯伏幸太しかいないだろう。

 

G1で棚橋に負けた時の飯伏の態度を見ると、棚橋の新ユニットに入ることは考えにくい。ゴールデン・ラヴァーズは当面解散しないだろう。

 

 

...では、SANADAはどうか。

 

結論として、なくはない。

 

ただ、今は抜ける理由がない。タイミングではないということ。

 

 

ロス・インゴを抜けるにはG1で内藤哲也に勝つ必要があった、ということ。

 

そう、今はタイミングを逸してしまっている状態。

 

今年中に何かが起こるのか。

ただ、ビッグマッチの組まれていないSANADAからアクションを起こすのは難しい。

 

動くべきは棚橋弘至

 

1.4東京ドームIWGPヘビー級挑戦権利証争奪戦で負けた棚橋弘至が動きそうだ...

  

www.iwgpuroresu.com

 

www.iwgpuroresu.com

 

www.iwgpuroresu.com

 

www.iwgpuroresu.com

 

See you next time!