SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【2度目 SANADAのグータッチをすかした内藤...|G1クライマックス28】

宿命の対決を控えた両雄

 

SANADAのスタンド式ドラゴン・スリーパーで軽々と試合が決した後、

帰ろうとするSANADAにグータッチを求める内藤哲也

 

f:id:iwgpuroresu:20180805160727p:plain

     (出典:新日本プロレスワールド)

 

会場の反応を確かめたうえで、グータッチに応じようとしたSANADA

 

f:id:iwgpuroresu:20180805160933p:plain

              (出典:新日本プロレスワールド)

 

しかし、グータッチをかわし、SANADAをコーナーにふる内藤哲也

 

f:id:iwgpuroresu:20180805161257p:plain

    (出典:新日本プロレスワールド)

 

得意のムーヴでミサイルキックを狙うも...

f:id:iwgpuroresu:20180805161502p:plain

                (出典:新日本プロレスワールド)

 

ミサイルキックをかわし、お得意のこのポーズを決める内藤哲也

f:id:iwgpuroresu:20180805161236p:plain

 

 

...この2人、打ち合わせしていないとしたら凄いね。。

 

 

ただ、気になった点

 

これがSANADAと内藤哲也の実力の差なのかも知れない。

 

試合後、息を切らしてたっぷり汗をかいているSANADA

対照的に余裕の内藤哲也

 

解説もしきりにいっていたが、内藤哲也の凄さは受けのうまさと

緩急。

 

昨日、あれだけ飯伏幸太の冷徹な攻撃を後頭部・首に受けたにも関わらず、

普通に試合をしている内藤哲也、恐るべし。

 

SANADAが内藤哲也相手にどんな組み立てを考えているのか。。

8.8にその答えがわかる。

 

 

www.iwgpuroresu.com