SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADA vs 内藤哲也の勝敗がもたらす新日本プロレスの変化|G1クライマックス28】

よいよ、八月八日横浜体育文化会館

SANADA vs 内藤哲也

 

f:id:iwgpuroresu:20180704200659p:plain

 

初シングル。

今大会、ケニー・オメガ vs 飯伏幸太の次に(笑)に注目されているカード。

末広がりの八が二つ(古い?)

 

どういう結果になろうとも、SANADAの未来は明るい...はずだ。

 

 

www.iwgpuroresu.com

 

www.iwgpuroresu.com

 

 

それは分かっている。

 

ただ、内藤哲也に勝てば、G1クライマックス28 勝ち越しが確定する。

2年連続負け越しているSANADAにとって、今年のG1勝ち越す意味は

非常に大きい。

 

そして、SANADAが内藤哲也に勝つ意味

 

SANADAが内藤哲也に勝つようなことがあれば、ロス・インゴのみならず、

新日本プロレスのユニット構造に大きな変化をもたらすだろう。

 

戦国時代であれば、「下克上」

ロス・インゴの大将は間違いなく内藤哲也

上下関係はないといいつつも、微妙なバランス関係が崩れる...

 

その時、何が起こるのか。

 

内藤哲也が勝てば、SANADAは変わらないだろう。

オカダ・カズチカのいう『脱・内藤哲也』は当面お預けだ。

 

 

引き分けではダメだ。

勝たなくては変わらない...

 

 

最後はオリジナルのSkull End でいい。

SANADAよ、内藤哲也戦に全てぶつけよう。

シャイニング・ウィザードを出したっていい。盛り上がることは必死だ。

いや、むしろ、入場曲に『Hold out』を使ってもいい(笑)。

 

 

ロス・インゴを忘れて、勝ちにこだわれ!

 

 

 

www.iwgpuroresu.com

 

これから、新日本プロレスのセンターに立つのはSANADAだ!

みんな分かっている!