SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【G1クライマックス28 優勝決定戦中間予想|新日本プロレス】

f:id:iwgpuroresu:20180801012354p:plain

(出典:新日本プロレスワールド)

G1クライマックス28も早いもので折り返しですね。夢の時間はあと半分・・・

 

現時点での星取を加味しながら、優勝決定戦予想をしてみたいと思います。

 

著者の優勝決定戦予想はズバリ!

 

「SANADA vs 棚橋弘至

 

 

...前回の記事でEVILに結果を出して欲しいと書いていながら、これです(笑)

 

なぜって、

 

「未来のエース vs 永遠のエース」

 

という構図が成り立つから。

 

絵になる両者、過去の対戦成績は1勝1敗。そして、2戦とも名勝負。

相性も抜群であり、名勝負になること必死ですね。

間違いのないシングルであり、2年近く間隔が空いており、絶好のタイミング。

 

そして、次の対戦は、

 

ついに棚橋弘至がエースというバトンを渡す時

 

・映画の公開を控えている棚橋弘至

・G1予選リーグで1度しかメインに立てない棚橋弘至

・YOSHI・HASHI戦で涙を誘った棚橋弘至

・新しいユニットを作ろうと企んでいる?棚橋弘至

 

このG1クライマックス28、棚橋弘至は明らかに他のどんな選手よりも

 

「もがいている。」

  

頭の悪いYOSHI・HASHIとは違うんです...失礼しました、すみません。

 

本当に棚橋弘至はすごい男だと思う。。

 


 

そして、彼がバトンを渡したいと思っている男、それは間違いなく、

 

SANADA

 

だと思う。

 

 

決して、オカダ・カズチカでも、内藤哲也でも、飯伏幸太でもない。

 

実は棚橋弘至にはこの3者にないルーツがある。

 

 そう、武藤敬司の付き人だったというルーツ。

 

そして、SANADAは武藤敬司のまぎれもない弟子。

 

SANADAと棚橋弘至は『武藤敬司』というルーツでつながっており、

 

この3人に共通するもの、それはレスラーとして持って生まれた『華』。

 

今の新日本プロレスで華があるレスラーは限られている。

 

エースに絶対に必要なもの、それは『華』

 

棚橋弘至からSANADAへのバトン。

 

時は来た!(笑)

 

See you next time!