SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【「4強の既成概念をぶっ壊す」EVILとSANADAの思いは同じ|G1クライマックス28】

戦でマイケル・エルガンに敗れたものの、その後4連勝。

第6戦・鈴木みのる戦では、みのるの本気を出させたうえでの惜敗。

 

現在、Aブロック・2位タイ、鈴木みのるに認められているレスラー・EVIL』

 

存在感を遺憾無く発揮し続ける背景には、明確な野望がある。

 

 

『ダークネス・ワールドに染め上げる(笑)』

『4強の既成概念をぶっ壊し、EVIL、SANADAを

中心として新日本プロレス盛り上げていくこと。」

  

【新日G1】EVIL悲願の初制覇へ「4強の既成概念ぶっ壊す」

 
 
 

快進撃のEVIL

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」27日静岡・浜松大会のAブロック公式戦で“キング・オブ・ダークネス”EVILがハングマン・ペイジ(27)を撃破し1敗(4勝)をキープした。

 コーナートップからのケブラーダ、その場飛びシューティングスタープレスなど、初出場のペイジの特攻ファイトに主導権を奪われたが、雪崩式バックドロップで流れを食い止める。ローリングエルボーをブロックし、ヘッドバットを叩き込むと、ショートレンジラリアートからEVIL(変型大外刈り)へとつないでダークネスな3カウントを奪ってみせた。

 開幕前の下馬評ではAブロックではオカダ・カズチカ棚橋弘至、Bブロックではケニー・オメガ内藤哲也が有力視され、団体内でも「4強」を形成している。今後の公式戦で棚橋(8月2日、福岡)、オカダ(8月5日、大阪)との対戦を残すEVILは「俺が4強だとか、ユニットのリーダーとか、既成概念をぶっ壊してやるよ。その上で、G1を制するのはこの俺だ。よく覚えておけ」とダークネスに宣戦布告。悲願の初制覇へ向け怪気炎を上げた。

 (引用:東スポweb)

 

SANADAとEVIL。

f:id:iwgpuroresu:20180628213739p:plain

 

我々の知らないところで、2人はプロレスを語り合っているのだろう。

 

「2人の思いは同じ。」

 

www.iwgpuroresu.com

 

 

魔の3連戦の初戦、鈴木みのる戦こそ敗れたものの、まだオカダ・カズチカ

棚橋弘至戦を残しているEVILは、優勝決定戦進出の見込みは十二分にある。

 

かたや、SANADAはケニー・オメガに敗れ苦しい状況ではある。ここにきて、

初戦・後藤洋央紀での敗戦が強く響いている。

だが、まだ望みは十分あるし、長い目で見れば、残り4戦をどう戦うかによって、

会社のSANADAの扱い方が変わってくる。

 

両者とももう一度、『使命』を見つめ直し、結果にこだわって欲しい。

 

新日本プロレスを変えるのは君たちだ!