SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADA 絶対に負けてはならない緊張感|G1クライマックス28】

日本プロレス公式ツイッターでの8.1ジュース・ロビンソン戦勝敗予想

 

f:id:iwgpuroresu:20180731205122p:plain

        (出典:新日本プロレス公式ツイッター

 

ファンは圧倒的にSANADAの勝利を予想(期待・支持)している。

 

SANADAは飯伏幸太戦を振り返り、「試合前も試合中もずっと楽しい緊張感だった」と

振り返った。

 

 

 

ジュース・ロビンソン戦はこれとは違う緊張感があるだろう。

 

ひとつは、『優勝決定戦に進むためには必ず勝たなくてはならない。』プレッシャー

からくる緊張感。引き分けでもダメだ。

 

もうひとつは、『格下ジュース・ロビンソンに負けるわけにはいかない』緊張感。

 

 

SANADAは間違いなく進化している。強くなっている。

 

しかし、ジュース・ロビンソンも伸び盛り。怪我がなかったら、このG1もう少し

奮闘していることだろう。

 

 

果たして、SANADAにとってジュース・ロビンソンはたやすい相手だろうか?


著者は、SANADAのジュース戦、安心して見ていられないと思っている。

 

それが本音だ。

 

SANADAの今の立ち位置は、柔道団体戦に例えるならば、ロス・インゴ内では

「中堅or副将」、大将は間違いなく内藤哲也だ。

 

ジュース・ロビンソンは本隊ではおそらく「次鋒〜中堅」クラス。大将が棚橋弘至

副将が真壁刀義、中堅がマイケル・エルガンではなかろうか。

 

そう、仮に対ジュース戦5戦すれば、1〜2回は負ける可能性がある相手だ。 

 

 

今回、ジュースに負けるようなことがあれば、飯伏幸太に勝った意味や、

飯伏幸太の価値さえ下がる。それは会社にとっては不都合。

 

1.4までのシナリオに狂いも生じるだろう。

 

スタンディング式ドラゴン・スリーパーでぶん回して

からのSkull Endで締め上げて、

ラウンディング・ボディープレスできっちりと

勝ってもらいたい。頼むよ〜。

 

NEW WORLD 2 新日本プロレス公式ブック (新潮ムック)

NEW WORLD 2 新日本プロレス公式ブック (新潮ムック)