SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADAの目線|G1クライマックス28前日記者会見】

よいよ本日G1クライマックス28が開幕するにあたって行われた

恒例の前日記者会見。20名のヘビー級の強豪が揃い、張り詰めた空気。

 

SANADA目線でいくつか気になった点がある。

 

まず、ケニー・オメガのコメントを一部抜粋したものだが、

 

「みんな何をもってして自分自身の存在を証明するか?どんなスーツを着るか?

マイクの前でどんなイケてるコメントをするか?それぐらいしかできないだろう。

〜〜 チャンピオンとそうでない者、このスキルの差は雲泥の差があるだろう。」

 

f:id:iwgpuroresu:20180714131642p:plain

    (出典:新日本プロレスワールド)

 

新日本プロレスの強豪達のパフォーマンスを引き出した上で、力でねじ伏せてきた

ケニー・オメガだからこそ、発することができるコメントだ。

 

その場にいた選手達との力の差を肌でわかっているのだろう。まともにやれば

負けないと。

 

SANADAはファッションセンスも他のレスラーにはない大きな強みだ。

 

ケニー・オメガのこのコメント、明らかにSANADAも含まれている。

「お前達、いくら格好つけたって強いのは俺だよ」と。

 

 

SANADAがケニーのこのコメントを聞いて何を感じたかは定かではない。

 

ただ、念願のオカダ・カズチカへのリベンジには、まずケニーに勝たなくては

ならない。

ケニーに勝ってBブロックを勝ち上がらなければ、オカダに勝って優勝しても

価値は半分だろう。

 

もう1点。

 

集まった報道陣はなぜSANADA、内藤哲也飯伏幸太に質問しない?

 

今年のG1、対内藤哲也飯伏幸太というドリームマッチが組まれている。

なぜ誰もそこに触れない。今さら棚橋に質問しても面白くないだろう。

 

SANADAファンにとっては非常に不愉快な記者会見だった。

 

SANADAよ、結果が全てだ。

 

エレガントなプロレスも大切だが、今回のG1、ファンのために結果にこだわってくれ。

 

www.youtube.com