SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADAがG1クライマックス28 13得点で優勝決定戦に進出する理由】

日本プロレス公式ツイッター内『G1クライマックス28 優勝決定戦の対戦カード

予想キャンペーン』をご存知だろうか?

 

 

SANADAが優勝決定戦に進出すると予想している人は、わずか5%。

20人に1人。。20人に1人っ!

内藤哲也ケニー・オメガ・飯伏と同ブロックだしな。。今のところは仕方ないか。。

 

しかしながら、著者はSANADAが今年のG1クライマックスで優勝すると予想している。

優勝する根拠があるということだ。

 

当たり前だが、優勝するには優勝決定戦に進出しなければならない。

大混戦が予測されるBブロックで優勝決定戦に進出するボーダーラインは

12ポイントだと思う。

つまり、最低6勝。プラス引き分けが一つあれば大丈夫だろう。

 

 

つまり、SANADAが12or13得点をあげれば、優勝決定戦に進出する可能性が高い

ということだ。

 

SANADAが13得点をあげる相手を計算してみよう。

 

・まず矢野通で2点(笑)

SANADAの場合、矢野で落としたらまず優勝はない。矢野は絶対落とせない。

いかに面白おかしく勝つか(笑)

 矢野が2得点献上してくれると思う(笑)

 

タマ・トンガで2点

どうも今年のタマちゃんは本気っぽいが、さすがにG1で3連敗はないだろう。

ガンスタンはこらえると絶好のSkull Endのチャンスになる。

そこから締め上げてラウンディング・ボディプレスでピンだ。

 

・ジュース・ロビンソンで2点

パルプ・フリクションさえ食らわなければ怖い相手ではない。

チャンピオンになったとはいえ、底力が違う。

 

後藤洋央紀で2点

新日本プロレス公式ツイッターの勝敗予想でも圧倒的にSANADA推しになっている。

後藤のGTR・裏GTRはSANADAにとって絶好のチャンス(逆もいえるが)。

後藤に苦手意識はない。

 

飯伏幸太で2点!

飯伏幸太戦がどこで行われるかご存知だろうか?

そう、SANADAの地元新潟。

なかなかSkull End or ラウンディング・ボディプレスで飯伏から勝ち星を上げる

イメージが湧かないが、、、地元マジックでなんとか勝つだろう。

 そして、マイクパフォーマンス「オイ、新潟!See You Next Time!」

 

ケニー・オメガで2点

ガチンコ勝負で今のケニーに勝つことは難しいだろう。

だが、昨年のジュースのように一瞬の切り返しで勝つ!

勝たせてくれる!(笑)レフリーのカウント次第だ。

 

内藤哲也で1点

初シングルはおそらく引き分け。夢の続きがある...

 

 以上、SANADAは13得点で優勝決定戦に進出するだろう。

 

そして、相手はオカダ・カズチカ

5連敗はない。

 

SANADAにとってG1クライマックス28はオカダにリベンジするためにある!

 

「オイ、日本武道館!See You Next Time!」

 

f:id:iwgpuroresu:20180710223559p:plain

  (出典:新日本プロレス公式ツイッター