SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADAが内藤哲也に勝ったら・・・|G1クライマックス28】

うなるのか?

もし、SANADAが今年の2.10でオカダに勝っていたら、どうなっていただろうか?

もし、昨年EVILがオカダに勝ってベルトを巻いていたら、どうなっていただろうか?

 

「ロス・インゴに上下関係はない、フラットな関係」といいつつも、

内藤がロス・インゴの大将であることは間違いない事実。

一昨年、内藤はG1でEVILを下しているし、SANADA・EVILともインターコンチ

以上のベルトを巻いたことがない。

つまり、ロス・インゴでこの力関係が崩れたことが過去一度もないのだ。

 

SANADAがもし(万が一)内藤に勝つようなことがあれば、ロス・インゴに起こるのは

「アン・バランス」な状態。

SANADAが勝って、内藤がいつものように写真の真ん中に陣取るのはいささか不自然。

例えばSANADAかEVILが新日本で一番権威のあるIWGPヘビー級チャンピオンになった場合、写真の端に陣取ってよいものか。。

 

とはいえ、L・I・Jを立ち上げたのは内藤でありL・I・Jの「象徴」。

例えば、柔道の団体戦でキャプテンではあるが、一番強いのはキャプテンである

必要はない。強さだけではないものが求められるからだ。

 

勝負の勝ち負けはもちろん、これから各ユニットに何が起こっていくのか

非常に楽しみな夏だ。

 

f:id:iwgpuroresu:20180704222319p:plain

 

 

新日本プロレスブックス トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1

新日本プロレスブックス トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1