SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADAシングルベストバウト集1|新日本プロレス】

2018.2.10 大阪エディオン・アリーナ IWGPヘビー級選手権試合 

 × SANADA vs オカダカズチカ

 

オカダ曰く「こんなに紙一重の戦いになるとは思っていなかった。」

くらいSANADAは初めてオカダを追い詰めた。

終盤に決めた2回目のSkull Endで締め上げ後、ラウンディング・ボディープレスを

決めるもあたりが浅く、また自身の膝を強打したため、カウントを取りにいくのが

遅れた。これで決めきれなかった時点で、勝負あったかに思われた。

が、この日のSANADAは粘った。

最後、レインメーカーをかわしデスティーノ式のSkull Endを狙ったが、オカダに捕らえられ、スクリュー式ツームストンで勝負あり。

Skull Endにこだわらず、投げっぱなしドラゴン・スープレックス等の投げ技を使っておけば、結果は違ったかも。勝ちパターンを持つオカダはやはり強い。

負けはしたものの、新日本に来てからSANADAのベストバウト。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628124850p:plain

 

② 2016.7.8 北海きたえーる「G1 クライマックス 26 開幕戦」

  SANADA vs 棚橋 ×

終盤ハイフライアタックにきた棚橋をRKO→ラウンディング・ボディープレス2連発→

Skull End。G1初戦で棚橋を敗る大波乱。120%のSANADAを魅せた。

2016のSANADAベストバウト。

 

f:id:iwgpuroresu:20180630201612p:plain

 

③ 2017.7.20 東京・後楽園ホールG1クライマックス27」

  SANADA vs EVIL ×

同門のEVILとの初シングル。EVILのパワーにかなり押されていたが、終盤EVILの再三のEVIL狙いをかわし、デスティーノ式Skull EndでEVILの意識を朦朧とさせてからのシュミット式バックブリーカー→ラウンディング・ボディープレスでピン。シュミット式バックブリーカーにスピード感がなかったのはいまいちだったが、ラウンディング・ボディープレスはクリーンヒットし、EVILは試合終了後もずっと苦しんでいた。クリーンヒットした時の威力は相当なものなのだろう。

 

f:id:iwgpuroresu:20180701115633p:plain