SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【センスのかたまり|SANADAの技まとめ②】

6.リープフロッグ2連発からのドロップキック

リープフロッグもドロップキックも普通の技だが、高くて美しいリープフロッグ

2連発→スピードにのった相手を突き飛ばすドロップはSANADAオリジナル。

SANADAの代名詞であり、これを見ただけで、運動神経が違うと誰が見てもわかる。

武藤敬司のスペースローリングエルボーのように魅せるための技。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628184024p:plain

f:id:iwgpuroresu:20180628184057p:plain

 

7.スワンダイブ式ドロップキック

美しい空中姿勢から串刺しにする。この高さから飛んでこられたら、レスラーとしては

脅威だろう。トープロープへの上がり方は内藤と同じく、武藤ムーブを継承している。

相手に対角線のコーナーに振られてから、くるりと体勢を変え、意表をつくスワンダイブ式ドロップキックもSANADA独特のムーブ。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628190157p:plain

 

8.プランチャ

シングルでもよく使うが、タッグマッチで相手を分断させる技としても使用する。

他選手と比較しても対空時間が長いため、途中で空中姿勢を変えながら相手にぶつかる体勢を調整している。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628184611p:plain

 

 

9.ノータッチプランチャ

本物のヘビー級でこれができる選手はそうはいない。しかも、超美しい。

これ一発で会場の雰囲気を一変させることができる。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628185000p:plain

 

10.ドリル・ア・ホール・パイルドライバー

元祖パイルドライバー。団体によっては禁じ手としているツームストンのように相手を

怪我させる危険性が少ない。SANADAはクラシカルな技、相手を怪我させない技を

好むためドリル・ア・ホール式を使用している。このあたりも著者がSANADAを好む

特性だ。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628185716p:plain

 

 

SANADA「NO QUIERO」Tシャツ M