SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【センスのかたまり|SANADAの技まとめ①】

SANADAは現在活躍しているメジャー団体のプロレスラーの中で最も

美しい技を使う選手といっても過言ではあるまい。

ライガー選手曰く「センスのかたまり」

エレガントなプロレスにこだわっており、クラシカルな技を好むSANADAは

使う技も厳選している。

 

1.skull End(胴締めドラゴンスリーパー

ドラゴンスリーパーの開発者・藤浪辰巳から直接掛け方の指導を受けたこともある。 

入り方として、

相手の背後からじっくり腕を首回して入るパターン

ジャパニーズ・レッグロール・クラッチからドラゴンスリーパーに移行するパターン

不知火の要領で相手の首を肩後ろにとり、その場で宙返りして入るパターン

コーナーポストからムーサルト・アタックのような形で相手の首を取りながら、背後に

回って移行するパターンと複数ある。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628124850p:plain

 

2.ランディング・ボディープレス

武藤塾の門下生であり、武藤敬司の指導を受けているSANADAのムーンサルトプレス

他の使い手と一線を画し、ラウンディング・ボディープレスと言われている。

2016年G1初戦の棚橋戦で見せた鋭角に身体がぶつかるそれこそ、SANADAのラウンディング・ボディープレスだ。

SANADAは現在100kg、俊敏性を損なわず105kgまで体重を増やしてのラウンディング・ボディープレスは完全なフィニッシュ・ホールドになるだろう。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628130107p:plain

 

3.タイガー・スープレックス・ホールド

佐山聡式のタイガー・スープレックス

エレガントさにこだわるSANADAは投げっ放しにしたりはしない。

棚橋が目を奪われた、日本一美しい身体のバネで投げるタイガー・スープレックス

著者もプロレスファン歴は長いが、ひいき目なしで歴代一番美しいスープレックだと認識している。

SANADAの奥の手である。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628130544p:plain

 

4.TKO

相手をファイヤーマンズキャリーに抱え上げてから叩き落とす、高度ダイヤモンド・

カッター。非常にダイナミックだが、受け身を取られやすい。

フィニッシュの一つだが、最近これで決まることはない。しかし、なぜかいつもフォールにいく。フォールにいかずに畳み掛けて欲しいが。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628131158p:plain

 

5.バックドロップ

SANADAのバックドロップは他者のそれとは全く違う。

まさに全身のバネで跳ね上げ、叩き落とすバックドロップ。

オカダもびっくりしたことだろう。2連発して欲しい。

 

f:id:iwgpuroresu:20180628131508p:plain

 

 

SANADA マネくま

SANADA マネくま