SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADAの胸中】

SANADAはIWGPヘビー級のベルトを巻いているオカダを倒したかったはずだ。

オカダがケニーに負けた時、彼は少しがっかりしたのではないだろうか?

いや、SANADAだけではないはずだ。ベルトを巻いた最強のオカダを倒したいと、

プロレスラーなら誰もが思っていたはず。

 

SANADAはシングルではIWGPヘビー級以外のベルトは眼中にない。

そして、オカダには4連敗している。

 

IWGPヘビー級チャンピオンのオカダを倒すことは、彼には2つの壁を壊すことを

意味し、プロレスラーとしての「格」「商品価値」が一気に引き上がるのだ。

 

SANADAは喋れないとよく言われる。

しかし喋れないことは問題ではない。オカダも最初は得意ではなかったはずだ。

SANADAなりのチャンピオン像を作り出すだけだ。

 

G1クライマックス28(2018)でケニー・内藤・飯伏とあたる。

彼らに飲まれることなく、いかにSANADAの間で試合をし、

新しい投げ技、キレのある一瞬の切り返しで相手を追い詰めるか。

 

SANADAの真価が問われる夏だ。

 

 

 

週刊プロレス 2018年 2/28 号 [雑誌]