SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【SANADA vs 内藤哲也の結末|G1クライマックス28】

者が予想する結果は

 

時間切れ引き分け

 

だ。両選手とも30分戦い抜くスタミナは備えている。

だが、両選手ともこれが決まれば!という必殺技に欠ける。

そう、ケニーの「片翼の天使」、真壁の「キングコング・ニー」のような技だ。

 

内藤にはデスティーノがあるじゃないかという意見はあるだろうが、

ここ最近のシングルでは内藤のデスティーノは1発で決まらないことが多く、

また正調のデスティーノは仕掛けるムーヴに無駄が多いため、ビッグマッチで

決めきれないことがある。そう、今年の1.4 vs オカダのように。

30分の試合時間で2発3発決められるほどSANADAは鈍臭くはない。

 

一方、SANADAのここ最近の必殺パターンはスカルエンドで極限まで体力を削ってから(意識を遠ざけてから)のラウンディング・ボディープレス。

タイガー・スープレックスはプロレス界全体を見渡しても一番美しいだろうが、

ダメージという点で考えると必殺技という領域までは達していない。

飛び道具と絞め技はあるが、

投げ技でもう一手欲しいのが今のSANADAだ。

 

この2人G1ではむしろ決着がつかない方が面白い。 

 

なぜなら、内藤がG1を2連覇した場合、決着のつかなかったSANADAとの

リマッチがroad to 1.4もしくは1.4で組まれる可能性が高いからだ。

 

新日本は常にファンを飽きさせない仕掛けを用意している。

 

 

1.4で完全決着後もしくはその過程で


SANADAのロス・インゴからの離脱

を仕掛けてくるだろう。

 

 

新日本プロレスブックス トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1

新日本プロレスブックス トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1