SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【本間朋晃の復帰戦】

6.23地元山形大会で復帰する本間選手に心からエールを送りたい。

中心性頸髄損傷という大怪我からのカムバック。リングに上がるのは

本当に本当に怖いと思う。それでも、応援してくれるファンのため、

家族のため、そして大好きなプロレスをするためにリングに上がる、

のだと思う。

 

本調子になるまで

「あまり無理をしないで欲しい。」

というのが本音だ。

勿論、プロだから元気な姿を見せてくれるだろう。でも、

無理は禁物だ。

 

受け身の取れない、取るのが難しい危険が技が横行している昨今、

プロレスラーは今一度考えて欲しい。

 

「相手を怪我させるようなプロレスをしているあなたは、プロですか?」

 

もちろん、相手のキャリア、力量を踏まえて技を仕掛けているはずだ。

ただ、

 

「鍛えようのない箇所を攻める技が多くないですか?」

「それで3カウント取って嬉しいですか?」

 

これは投げ技だけに言えることではなく、関節技、反則攻撃もしかり。

 

かつて、ジャンボ鶴田は相手の力量に合わせてバッグドロップの角度を

調整していたという。

現在の石井も同じ。彼は垂直落下ブレーンバスターを必殺技としているが、

脳天を叩きつけるような危険な落とし方は極力しない。

 

ギリギリのせめぎ合い。

だが、相手を怪我させてはならない。