SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【棚橋の立ち位置・これから、、、】

橋自身は認めたくはないだろうが、彼自身に全盛期の身体の

キレはなくなってきている。

 

彼が新日本プロレスだけでなく、プロレス業界全体に残した業績、

これから残すであろう業績は絶大だ。

彼はプロレスのために全てを捧げている、それをファンはわかっている。

 

しかし、選手としての衰えは隠せない。

とにかく膝が悪く、走れない。これが問題だ。

走れない選手は試合自体にスピード感がなくなる。

ファンとして見ていてつらくなってくる試合が増えてくるのだ。

 

プロレスは技を受けてこそ成り立つものだが、あまりに相手のスピードに合わせ

「受け」ていることがあからさまになるとつまらなくなる。

プロレスはこのさじ加減が大切だからだ。

 

武藤、内藤のような独特の間を新たに作り上げなければ、

シングルプレイヤーとしてはメインイベントに立つことは難しくなってくる

だろう。

 

しかし、棚橋はタッグプレイヤーとしては存在価値が非常に魅力的だ。

今、新日本プロレスで活躍しているどの選手と組んでも絵になるし意外性もある。

先日組んだミステリオ、ライガーとのタッグも夢があったし、試合順は

ミステリオだけでなく、棚橋の価値を表したものだった。

 

棚橋はシングルプレイヤーとしてピークを過ぎたと言わざるを得ないが、

これからはタッグプレイヤーとして存在感が増してくるであろうし、そうであって

欲しい。そして棚橋がこれから組むべきパートナーとは

間違いなく、 

 

SANADA

 

だ。2人が同じコーナーに並んでいる姿を想像しただけでも、鳥肌が立つ。

そして、大舞台でのフィニッシュは

 

ハイフライフロー → ラウンディングボディプレス

 

これをファンがのぞんでいるはずだ。