SANADAびいきなプロレスブログ

現在新日本プロレスを主戦場とするSANADAびいきなプロレスブログ。偏ってます。筆者は元々武藤敬司の大ファンであり、今は武藤の遺伝子を持つSANADAを応援しています。SANADAがIWGPヘビー級シングルのベルトを巻くのが私の夢です。

【2019.1.4までのシナリオ】

年の1.4までのシナリオを考えてみたい。

 

ケニーが7.7でcodyに負けることはないだろうから、ケニーはチャンピオンとしてG1に臨むことになるだろう。

権利証のことを考えると、チャンピオンで優勝はないだろうし、内藤の2連覇というのも考えにくい。その場は大いに盛り上がるが、その後はつまらないシナリオになるからだ。いつまでも内藤頼みでは新日本プロレスとして未来はない。

 

1.4まで盛り上げることを考えると、G1優勝は実力的にはオカダ。オカダはベルトこそ失ったものの、このまま引き下がることはないだろう。

 

そして、権利証争奪戦は同グループでオカダに土をつける飯伏とのリマッチ。

オカダの2連敗はないだろうから、ドームのメインに立つ1人はやはりオカダか。

しかし、オカダvsケニーは当面しない方が良いだろう。ファンも食傷気味だからだ。

 

ということは、1.4までにケニーがIWGP戦で負ける相手となると、、、

 

いや、たとえG1で優勝はなくてもIWGP戦でケニーの負けはないか。。

 

となると、ケニーはG1で優勝した方がしっくりくる。

ふりだしに戻った。

となると、G1で優勝するケニーに同グループで土をつける相手がG1後のIWGP

タイトルマッチになるだろう。ケニーとのIWGP戦で集客できる対戦相手は、、、

 

まずG1でケニーに勝つ可能性のある選手を探ってみる。

 

【エルガン】

リマッチで集客できるカードではない

 

【後藤】

新日本が後藤をIWGP戦線に持ってくるとは考えにくい

 

【ファレ】

華のないカード

 

【SANADA】

フランケンシュタイナーなどの一瞬の切り返しで勝つ可能性あり。リマッチでも客が呼べるカードになる。

しかし、リマッチではケニーに勝てないだろう。しかし、改めてSANADAのポテンシャルが評価され、おそらく、SANADAにはドームてはスペシャシングルマッチ(vs飯伏or内藤)もしくは、スペシャルタッグマッチ(棚橋と組んでvs 内藤・EVIL)が用意されるだろう。なぜなら、SANADAはいずれ本隊のエースになるからだ。

 

ということは、来年の1.4のダブルメインイベントは

ケニー vs   内藤

SANADA vs 飯伏(orオカダ)

 

世界進出を考えるとケニーのメインイベントは当確だろう。

問題は相手か。。ケニー  vs  オカダは当分見たくないが、内藤を他の試合にあてて

しまうとオカダぐらいしか相手が見つからない。飯伏といきたいところだが、同門だしな。。

ということはケニーvs内藤が濃厚だろう。

ダブルメインのもう一つはジェリコvsEVIL? いやドームまで引っ張れないだろう。

ジェリコvsSANADA 噛み合いそうにない。。

 

SANADA・棚橋(orEVIL) vs オカダ・中邑

これでどうだ!